彼女じゃないのに 嫉妬

彼女じゃないのに嫉妬する女性の心理

スポンサーリンク

彼女じゃないのに嫉妬する女性の心理は、「クレランボー症候群」で見られます。
クレランボー諸侯群に陥っている人に、「あなたは彼女じゃない」と説明しても通じないことがあり、「相手は自分に対して好意を持っている」と信じ込んでいます。
ストーカーが抱く妄想なども、同類の症状と言われています。
クレランボー症候群は、統合失調症や妄想性障害などの精神疾患にかかった場合などに見られる症状です。
この妄想に囚われると、彼女じゃないのに嫉妬することになります。
なぜ、彼女じゃないのに嫉妬するかについては、完全な妄想ですが、その思いがゆらぐことはないようです。
ストーカーと被害者がまったくの他人ということも珍しくありません。
たとえば、自分がよく通っているお店の店員が妄想の対象になるというケースもあります。
「いつも優しく声をかけてくれる」などというたわいのない理由だけでも、その人の中で愛情が育つのに十分な場合があるようです。
スポンサーリンク

彼女じゃないのに嫉妬されている場合の対処法ですが、「クラレンボー症候群」という精神疾患の一種ですから、病気を治すしかありません。
本人にどれだけ説明してもらちはあきませんから、家族にでも言ってなんとかしてもらうことでしょう。
「彼女じゃないのに嫉妬されて困る」ということを、家族に対して説明してください。
「彼女じゃないのに嫉妬するわけがない」などと、家族に疑われることもありそうですが、誠意をもって説明するしかないでしょう。
本人が病気にかかっているということがわかれば、家族にも事態が理解できるようになるでしょう。
ただし、家族が理解を示し説得しようとしても、今度は「家族が二人の恋愛のじゃまをする」と妄想する場合もあるようです。
彼女じゃないのに嫉妬するという妄想だけでなく、「家族に結婚を反対されている恋人同士」に妄想の種類が変わることもあるため、注意が必要です。
病気を治す必要がありますから、ご家族に受診を勧めてください。
スポンサーリンク