嫉妬妄想 原因 症状 対応

嫉妬妄想の原因と症状、対応法について

スポンサーリンク

嫉妬妄想とは、恋人や配偶者が浮気、不倫をしているに違いないと信じこんでしまう妄想です。
通常、恋人や配偶者に対して嫉妬を覚える人はたくさんいると思います。
たとえば自分以外の人と仲良くしているのを見たとき、また自分以外の人のことをほめているのを聞いたときなど、やきもちをやいてしまうという人は多いのではないでしょうか。
しかし嫉妬妄想というのはそのようなレベルのものではなく、浮気や不倫をしているということを事実として捉えてしまいます。
通常抱く嫉妬ややきもちというのはまだ疑いのレベルです。
もしかしたら自分以外の人が気になっているのかもしれない、もしかしたら浮気しているのかもしれないという疑いの段階です。
その点が、普通の嫉妬ややきもちと嫉妬妄想の違うところです。
嫉妬妄想はときに自傷行為や人を傷つける行為に至ることがあるため、注意する必要があります。
では通常の嫉妬ややきもちではなく嫉妬妄想になってしまう原因は一体なんなのでしょうか。
スポンサーリンク

嫉妬妄想の症状の原因として統合失調症や認知症が有名です。
またうつ病などの症状としても現れることがあります。
嫉妬妄想の症状が出る原因としてさまざまなことが言われています。
まず挙げられる原因は、もともとの性格として思い込みが強い性格であることです。
また、別の原因としては幼いころに親の愛情をしっかり受けることができない、もしくは受けたと思えなかった人が抱く見捨てられ不安というものがあります。
常に自分に自信がなく、自分の元を去っていってしまうのではないかと不安になることで嫉妬妄想の症状が出る原因になることがあります。
周りにこういう人がいて対応に困っているという人もいると思います。
これらの症状の対応の仕方はさまざまです。
よくやってしまう対応の仕方としては本人の言っていることを否定してしまうことです。
しかし本人は事実だと思っているためこの対応では通用しません。
対応を間違えると暴力に発展することもあります。
これらの症状が出てしまう原因として寂しさや自信のなさがあるため、正しい対応としては寂しくないようにしてあげること、また自信が持てるようにサポートしてあげることが有効と言えます。
このように、嫉妬妄想の症状がある人には根本的な対応することが大切です。
スポンサーリンク